ヒューマンライブラリーは、2000年にデンマークの若者たちが、北欧最大の音楽祭であるロスキレ・フェスティバルで始めた「人を貸し出す図書館」です。障がい者、ホームレス、セクシャルマイノリティなど、社会のなかで誤解や偏見を受けやすい人々が「本」になり、一般「読者」と対話をするこの「図書館」は、欧州評議会(Council of Europe)を巻き込みながら発展し、瞬く間に世界中に広がりました。現在では、70か国以上で開催されています。

私たちは、ヒューマンライブラリーが人々を結び付け、偏見の低減に資する活動であることを深く認識し、多様性に開かれた社会の実現をめざして、ヒューマンライブラリーの更なる普及と発展を目的に、日本ヒューマンライブラリー学会(Human Library Society of Japan)を立ち上げることにしました。日本でのヒューマンライブラリーの活動基盤として、実践・研究活動の蓄積だけでなく、ヒューマンライブラリーの開催支援や受託開催事業なども行います。また、会員間ならびに世界各地のヒューマンライブラリーの関連団体との連携や情報交換も行い、ヒューマンライブラリーの発展に努めます。

ヒューマンライブラリーが日本で初めて行われたのは、2008年12月です。東京大学先端科学技術研究センターの中邑賢龍研究室が、京都で開催しました。その後は、デンマークにあるヒューマンライブラリー本部と連携した中邑研究室が日本支部の機能を担い、ヒューマンライブラリーの中核的役割を担っていました。しかし、2012年初めに中邑研究室がその活動を停止した後は、日本におけるヒューマンライブラリー活動の中核的機関はなくなっています。

その一方で、ヒューマンライブラリーは多くの大学、民間・市民団体、個人によって開催されてきました。そして、2016年10月9日に私たちは「ヒューマンライブラリー研究大会」を開催しました。ここでは、日本各地でヒューマンライブラリーを開催してきた方々が初めて集い、様々なヒューマンライブラリーの目的、方法、形態を学びあいました。この大会に参加いただけなかった方の中にも、ヒューマンライブラリーの実践者や研究者が、全国各地に多くいることも確認できました。

私たちは、日本ヒューマンライブラリー学会が教育者や研究者のみならず一般市民の誰もが参加できる敷居の低い団体として、学校や地域社会、企業組織などの異文化間の人材育成等に貢献できる団体になることを願っています。本学会の名称は「学会」ですが、この活動の趣旨にご賛同いただける方なら誰でも参加することが出来ます。奮ってご参加ください。

2017年5月6日